BLOG

駐車場と庭のリノベーション工事「つるアイスバーグの庭」

駐車場と庭のリノベーション工事のご報告です。こちらは当初枕木などを使って、ご自分でお庭を作られていましたが、経年で劣化したことと駐輪場を新たに設置するため、ご依頼を頂きました。お庭のご依頼やご相談で「狭いから庭を作れない」「植物を端っこにしか植えられない」というお悩みをお聞きしますが、本当は狭いところこそ構成次第でお洒落になります。

施工前

家の敷地と接する道路は緩い坂道となっていて、敷地の左右で20センチ以上の勾配があります。そのままべったりとバリアフリーにした場合、左右で見た目が傾いて見えるので違和感を感じます。また、大雨の時には敷地の右から左へダラダラとうわ水が流れ、経年で土が削れてきます。写真でも左の敷地から道路に土が流れ出ているのが見えます。この勾配の問題を逆手に取ってアプローチに段差を作り、立体的で歩きやすい通路に仕上げていきます。両サイドに駐車場を作る場合は全てをバリアフリーにせず、歩きやすい段差を上手に取り入れて水勾配を作ります。

3月の完成時

7月中旬

コバノズイナ、ハギ、シモツケ、アジサイ等、集団で暑さから守り合うように植栽。真夏に暑い場所は暑さに強い植物でカバーし、陰になるところには奥さまの好みに合わせて山野草など茶花も入りました。駐車スペースしか取れないと思われる場合でも構成次第で緑溢れる庭が作れます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。